システム概要

 福島県では、東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所及び福島第二原子力発電所周辺地域の安全を確保するため、環境放射能を連続測定するモニタリングポストを設置し、リアルタイムに監視を行っています。
 福島県環境放射能監視テレメータシステムは、福島県のモニタリングポストで測定したデータはもとより、東京電力ホールディングス(株)の測定データについても環境創造センター環境放射線センターに収集し集中的に監視や解析を行うためのシステムです。
 また、測定データは2拠点のデータセンターにそれぞれ伝送することで、冗長化を図っています。さらに、通信回線についても、有線回線・衛星回線・携帯回線を併用することで、複合災害に強いシステム構成としています。
 測定したデータは、環境創造センター環境放射線センターにおいて、常時監視・解析を行い、環境創造センター、県庁、並びに周辺13市町村に配備した大型表示装置や、インターネットホームページ及びスマートフォンで一般公開を行っています。
 また、国の緊急放射線情報共有・公表システムにも送信され、緊急時の対策等に活用されます。

システム概要
データ測定
モニタリングポスト
モニタリングポスト
発電所周辺に設置され、空間放射線量率や大気浮遊じんに含まれる放射性物質を連続で測定しています。
また、風向、風速、降水量等の気象観測も行っています。
可搬型モニタリングポスト
可搬型モニタリングポスト
任意の場所に設置し、空間放射線量率を連続測定することができます。
水準調査用モニタリングポスト
水準調査用モニタリングポスト
環境放射線の水準を調査する目的で、合同庁舎などに設置されています。空間放射線量率を連続で測定しています。
データセンター
(可搬・水準用)
データセンター
データ測定
東京電力ホールディングス(株)が発電所敷地内に設置し、空間放射線量率や排気筒及び放水口モニタ、風向・風速等の気象観測の連続測定を行っています。
福島第一原子力発電所
福島第一原子力発電所
福島第二原子力発電所
福島第二原子力発電所
データ監視・解析
データセンターに収集・蓄積されたデータは、環境創造センターにおいて、常時監視・解析を行います。
環境創造センター 環境放射線センター
環境創造センター 環境放射線センター
データ収集・蓄積
データセンター(主)
データセンター
データセンター(副)
データセンター
測定データは、データセンターに収集・蓄積されます。データセンターは、分散した2拠点に設置し、冗長化しています。
データ配信
国の緊急放射線情報共有・公表システムに配信しており、緊急時の対策等に活用されます。
緊急時放射線モニタリング
情報共有・公表システム
(原子力規制庁)
データ表示・公開
大型表示装置
大型表示装置
環境創造センター、県庁、並びに周辺13市町村に設置され、最新の観測データを表示し、広く住民に公開しています。
インターネットホームページ
インターネットホームページ
インターネット上のホームページに最新の測定データを公開しています。
有線回線
携帯回線
携帯回線
衛星回線
有線回線
有線回線
有線回線
衛星回線
データ連携