福島県 環境放射能監視テレメータシステム

原子力用語集 

このページでは、原子力用語を紹介しています。

もっと詳しく知りたいときは、福島県原子力安全対策課のページをご覧下さい。

あ行

放射線の一種で、原子核が崩壊して生じるヘリウムの原子核と同じ粒子のことをいいます。 物質を通り抜ける力は弱く、薄い紙1枚程度で止められます。 (画像

NaI(ヨウ化ナトリウム)の結晶に放射線が入射すると発光する性質があり、 これを利用して空間線量率を測定しています。モニタリングポストとして原子力発電所周辺に設置されています。 環境放射線のレベルを測定するのに適していますが、線量率が高くなり、平常の100倍以上になると正確な測定が できなくなることから、高線量率の測定に適した電離箱式検出器を併設しています。 (画像1) (画像2

か行

雨や雪の降っていることを表します。福島県ではモニタリングポストに雨や雪の降り始め及び降り終わりを検出する 測定器(感雨計)を設置して、空間放射線量率とともに測定を行っています。 一般的に雨や雪が降るときには、空気中に舞い上がっている自然の放射性物質が雨や雪とともに地上に降りてくるため、 一時的に空間放射線量率は上昇します。 (詳細

放射性物質から放出される放射能で、電磁波の一種です。波長が短く、物を突き抜ける力が強いため、 原子力発電所では厚いコンクリートの壁などで何重にもしゃへいしています。 (画像
アルファ線ベータ線

福島県では原子力発電所周辺にモニタリングポストを設置し、その地点の空間中のガンマ線量を常時測定しています。 その測定値を空間線量率といい、1時間あたりの空間放射線の量を表しています。
モニタリングポストテレメータシステム

ある物質が放射線のエネルギーをどの程度吸収したかを表す単位です。大気中の放射線量はグレイを使って表します。
ナノグレイ毎時(nGy/h)

さ行

大気浮遊じん中の放射能のうち、観測されたアルファ線をすべて含めたものを全アルファ放射能といいます。 (画像
アルファ線

環境試料及び大気浮遊じん中の放射能のうち、観測されたベータ線をすべて含めたものを全ベータ放射能といいます。 (画像
ベータ線

た行

原子力発電所から放出される粒子状の放射性物質を把握するため、大気中に浮遊するじん埃(ほこり)を捕集し、 その放射能を測定しています。
ダストモニタ

大気中のチリに含まれる放射能濃度を測定する装置をいいます。福島県では、大量の空気を吸引し、 ろ紙上に大気中の放射性物質を集め6時間単位で連続測定しています。 また1ヶ月ごとにろ紙を回収して、放射性核種濃度を分析しています。 (画像1) (画像2
大気浮遊じん

原子力発電所周辺に設置されたモニタリングポストは大気中の放射線量を常時測定しており、 測定データは専用回線を通して原子力センターに送られてきます。 そのデータはコンピューターで集計・整理され、広野から浪江までモニタリングポストのある各役場、 県庁及び原子力センターで表示されます。このように、原子力発電所周辺の環境放射線を監視測定している 一連のシステムをテレメータシステムといいます。
モニタリングポスト

高速荷電粒子による気体中の電離作用を利用して放射線の量を測定する装置です。 線量率が高くなり、NaIシンチレーション式測定装置が正確な測定ができなくなっても測定がでることから、 福島県ではモニタリングポストNaIシンチレーション式測定装置に併せて電離箱式測定装置設置しています。 (画像

な行

空間放射線量率、1時間あたりの吸収された放射線量(グレイ)を使って表されます。 ナノ(n)は、10億分の1を表す単位の接頭語です。

は行

放射線の一種で、原子核から飛び出す電子のことをいいます。 物を突き抜ける力(透過力)はアルファ線よりも強いが、ガンマ線よりは弱く、 薄い金属板1枚で止めることができます。 (画像
アルファ線ガンマ線

ま行

放射線を定期的に、または連続的に監視測定することをモニタリングといい、原子力発電所周辺でモニタリングを 行うために設置された装置をモニタリングポストといいます。 福島県では、福島第一原子力発電所及び第二原子力発電所周辺地域の23地点にモニタリングポストを設置し、 大気中の放射線量を常時測定しています。 (詳細
テレメータシステム

や行

ら行

わ行